床矯正治療

床矯正治療で本当に歯並びが治るのですか?という質問が最近多く聞かれます。

 

実際には、この床矯正治療だけでは、矯正治療は完了しません。この方法と通常の矯正治療を併用することで効果を上げています。また、この方法が開発されたヨーロッパでは、効果を上げています。この床矯正治療は、矯正治療の一部として小児期からの治療時に行い、最終的にはブラケットとワイヤーを使って治さないと長い目で見て、安定した噛み合わせと歯並びを手に入れることができないからです。

 

ですから、ほかの矯正法でも同じです。特に今はやりのキレイラインなどもです。確かに、床矯正治療やキレイラインは安く、家計にやさしい治療ではありますが、いかんせん治る確率が10%でした(星川あなん歯科医院での統計;キチンと分析と評価をしています)。もちろん、一部分だけを治し、元に戻ってもいいならどの治療法でもOKです。

 

【床矯正治療だけで歯並びを治す難しさ】

様々な要因がありますが、床矯正装置は、基本的に2次元的にのみ動く方法で、変にほっておくと歯並びに外側の力が加わり続け、猿のような大きな歯並びになったり、開口を生じてしまったりという事が起きてきます。また、患者さん自身が装置を取り外すことができるために治療効果は、患者さん次第という事になります。

 そして多くの場合、痛みがあるという事で装置を軽く使うだけになってしまい、考えていた効果が出ないが多々見受けられます。

 

最近、昔、床矯正治療をしていたという20代の患者さんが来ました。小学校のころ床矯正治療をしていたという事でした。しかし、歯並びが悪く顎のずれが起こっている方でしたので再度検査の上、顎の状態を適正にし、矯正治療を本格的に行いました。

 

確かに、床矯正治療は見てくれは良くなるのですが、肝心なところの治療ができないのでが実態です。ほかの矯正治療の方法と組み合わせることで、しっかりとした治療ができるのです。 見た目を治すことは簡単なのですが、その後の機能が伴ってません。そうなるとドウナルカトいうと、食事がおいしくできなかったり、噛むという機能が崩壊していきます。ですから、床矯正装置での単独技術では、不可能なのです。

 

【流行に乗らず、しっかりと判断して選択することの大切さ】

今、日本では百金が流行っています。そして、矯正もです。自分の身体に使う物は、安かろう悪かろうでは、お金の無駄です。しっかりとした知識を持ち、自分で稼いで、余裕があれば矯正治療をすればいいのです。急いで矯正をしなくてもいいのです。余裕ができてからでも遅くありません。患者さん自身が見る目がないと、周りの状況に振り回されてしまします。そうならないためにも大人になってからの矯正治療をお勧めします。ご父兄の方も矯正ぐらいは親の責任とは思わないでください。

時代は変わりました。将来お子さんが成長し、自分で費用を負担できるようになったら、背中を押してあげてください。