調整のない銀歯

星川あなん歯科医院では、まったく調整のない銀歯を開業当初から常に行っています。この技術は、基本的には自費治療の技術です。その技術を星川あなん歯科医院では、保険治療にも応用しています(すべてではありませんが)。

 

この技術をしっかりと行うことは、きれいな形成をすること、正確な印象をすること、上下全顎で型を取ること、精密なバイトを取ることなどが必要になります(コストと時間が掛かりますが)。

これが高くも低くもない銀歯ができる理由なのです。そして、患者さんにいつも言われることは、【先生のところでは歯の調整はしないのですね。いつも問題なく、ぴったりとしている】と言われます。【他のところでは必ず調整ということが入って、いまいち合わない】と患者さんは言います。

 

この方法は間接法という作り方で、腕の良い技工士と共にしっかりと作っています。そして、私の技術とのタッグでこのような素晴らしい銀歯ができるのです。

このような方法をする理由は、銀歯はかみ合わせに影響を与えるからです。ミクロン単位のズレが将来、顎関節症やほかの不定愁訴を引き起こす事がわかっているからです。高いけど慣れる、低いけど慣れるというのは、ありえません。それは、顎の状態が悪くなることを意味しています。患者さん本人は、最初、気にしないかもしれませんが、積もり積もって影響は出てくるのです。

 

星川あなん歯科医院では、そのような事が、様々な勉強をしてきているので解かっているのです。ですから、銀歯の治療は手を抜けないところなのです。また、このような歯が奥歯なのに、保険の白い歯にしてほしいという方がいます。しかし、星川あなん歯科医院では、行いません。医学的に判断しても妥当性がないからです。保険で使う白い歯は、柔らかすぎて、奥歯にはとても使えません。いくら説明しても、納得できない方もいらっしゃいますが、星川あなん歯科医院では、行いません。気分や見た目で歯を作ることはできないです。(どうしてもという方には、しぶしぶ作ることはありますが、マイナス面もよく知ってもらってから対応します。)

 

星川あなん歯科医院では、患者さんの将来を見据えて、当院の歯科技術を提供しています。基本的に、この様な根拠もないことに対しては、星川あなん歯科医院では、行いません。

仲間内では、患者さんが言うのだからやってあげればと言われますが、ここでかみ合わせが狂って、その後はどうするのでしょう? 多分、何年か後には様々な症状が出てくると思います。その時にだれがその治療をするのでしょう?

費用はどうするのでしょう?  その辺の事が解かっているので、あえて無責任な治療はしません。

 

この様に歯を一つ入れるだけで、様々な技術を培い、トレーニングをすることを、星川あなん歯科医院では、実現しています。

 

この技術ができるまでの時間や経費を考えてもらえれば、如何に銀歯の治療が安いか、解かりますよね? あなたが資格を持っていたとして、これだけの時間や労力をかけられますか?それが、答えです。保険医療にもある意味感謝してください。