開口(オープンバイト)

開口

開口(オープンバイト)とは

上下の顎の垂直的な問題です。具体的に言うと、奥歯が咬んでいて、前歯があいている状態の事です。

この状態の患者さんは、奥歯でしか物が咬めなくて、前歯では、食いちぎる動作ができません。

と言う事は、そばやうどん、スパゲティなどが噛み切れないという事です。

また身体も曲がっている可能性があり、全体的に筋肉のバランスが崩れていることもしばしば見受けられます。

開口(オープンバイト)の原因

顎の発育が奥歯で強く起こることが原因の一つで、ほかにも舌癖や異常嚥下、母子吸引などがあります。

開口(オープンバイト)の問題

齲蝕(虫歯)、歯周病リスク

開口の場合は口腔内が乾燥しやすく、唾液による自浄効果が期待できません。

そのため虫歯菌は増殖しやすく、虫歯になるリスクが高くなります。

また更に悪化すると歯周病へと発展してしまうので、やはり予防の観点から矯正治療される方が増えてきています。

見た目

開口も見た目に問題があります。

特にポカンと口を開けたままの表情になるので、どうしても締まりのない顔立ちになってしまいます。

口呼吸の問題

開口の患者さんだけではないですが、口呼吸になってしまう方が多くいらっしゃいます。

口呼吸が続くと、舌が下がってきてしまい、気道の確保が更に厳しくなります。

開口(オープンバイト)の治療

治療は、顎のズレや筋肉の異常などを治療しながら、良い噛み合わせ位置(顎位)を見つけてから矯正治療に入ることが多いです。

すべてが是と言うわけではありませんが、身体のズレが長年にわたって、継続している方が身体の修正能力を超えているときに現れます。


開口の歯磨きワンポイント

このような方の歯の特徴は、上の前歯と下の前歯が、咬んでいないことです。上と下の歯の裏が口呼吸により乾燥して、磨きのこしが多くなります。この裏をしっかりと磨くことが大事です。磨き方は、歯ブラシを歯の軸にあわせて磨くと磨きやすいです。上も下もです。