すきっ歯|正中離開

deepbite

すきっ歯、正中離開とは

文字通り歯と歯の間に隙間がある不正咬合を指します。

正中離開はその中でも一番前の歯の間に隙間が生じている状態を指ます。

すきっ歯、正中離開の原因

歯が小さい、あるいは顎が大きくスペースが余っていることが原因で起こります。

また虫歯や歯周病によって歯が抜けてしまった場合も同じような状況となってしまいます。

顎の骨のサイズにも大きく関わってくる不正咬合の一つです。

すきっ歯、正中離開の問題

見た目・審美

笑顔を見せた時の見た目が気になるということで矯正治療を受けられる患者さんが多くいらっしゃいます。

虫歯(齲蝕)、歯周病リスク

すきっ歯、正中離開も虫歯になりやすいということが挙げられます。

歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、常に歯間ブラシやデンタルフロスの使用が大切です。

すきっ歯、正中離開の治療

歯と歯の間を矯正治療で治していきますが、治療後のゴールとして噛み合せをしっかりと見極める必要があります。

またすきっ歯以外の不正咬合と合わさっている場合もある為、一見簡単に治せる症状の様ですがやはりしっかりとした診断が必要になります。


すきっ歯の歯磨きワンポイント

このような方の歯の特徴は、歯と歯の間に隙間が開いていることが、問題です。

このような時は、ガーゼなどを細長くして、歯の隙間に入れて磨くのがよいと思います。