コンセプト・理念

横浜あなん歯科医院

「歯」だけでなく、「医療」として長い目で見た健康にを追及していきたいと思っています。

そのため、審美ではなく、医療としての噛み合わせを含めた治療を提供してきました。

①永く安定した噛み合わせと歯並びを提供します

噛み合わせ矯正治療の意味

噛み合わせ矯正

矯正治療は見た目を綺麗にするだけではありません。

治療後、永く綺麗な歯列を維持することもとても大切な視点になります。

不正咬合の原因として、顎関節がとても大きく影響しています。

そのため、単に歯並びを綺麗に整えても、不正咬合の原因となる顎関節を正常にしていない場合、後戻りしてしまいます。

一過性の治療ではなく、しっかりと根本原因を解決しながら歯列を整え、長期間、綺麗な顔貌と歯並び、そしてかみ合わせを提供するのが真の矯正治療と考えています。


審美ではなく医療

肩こり

噛み合わせを整え、歯並びを治すと間違いなく見た目は改善されます。

多くの患者さんが自信をもった生活を送ることが出来るようになったと喜ばれています。

しかし、見た目の改善は最低限のことと捉えています。

噛み合わせ、歯並びを治すと、見えていなかった様々な身体の改善につながります。肩こりや偏頭痛が改善されたという声は後を絶ちません。

また咀嚼機能も向上することから栄養吸収が上がるということもわかっています。

審美だけでなく、身体全体を考えた医療を提供しています。


②不必要な治療は行いません

頬杖

「子供のうちに矯正治療すれば非抜歯で治療できます」

「子供のうちに歯列矯正をすれば、非抜歯の治療になるから、すぐに治療しましょう」という考え方があります。

確かに乳歯列期であれば骨の成長を意図的に促し、永久歯が並ぶスペースを確保しやすくなります。

しかしあくまで一人ひとり成長のタイミングや、顎のサイズ、バランス、歯の大きさなど全く違います。

高校生くらいから身長が急に伸びる方がいるのと同じことです。

あくまで一人ひとりをしっかりと診断したうえで、患者さん、そしてご家族の方と相談して治療開始のタイミングを決めていきます。

また安いからといって床矯正のみを勧め、本当の意味での噛み合わせ、歯並び治療をおろそかにすることは致しません。

「隙っ歯は不正咬合です」

乳歯列期で隙っ歯を治療してほしいという問い合わせを受けることがあります。

乳歯列期における隙っ歯は、永久歯に生え変わることで自然と隙間が埋まり、綺麗な歯列になることが多々あります。

隙っ歯は不正咬合ですが、検査したうえで永久歯に生え変わるのを待つという判断も選択肢です。


③常に勉強し続けます

学会、セミナー、勉強会

歯科矯正分野、歯科治療は材料の進化とともに治療方法も常に進化し続けています。

また、一人として同じ症例はありません。

そのため常に学会やセミナー、勉強会を通して新しい知識をいれ続ける必要があります。

常に最高の医療を提供し続けるために、歯科、矯正歯科以外の分野の学会も含めて、ときにクリニックを閉めて勉強に行くこともあります。

少し不都合を感じるかもしれませんが、最高の医療を提供するためにご理解頂ければ幸いです。


④記録を残します

検査診断

私のところでは、患者さんの写真をお撮りしています。

それは、記録としての価値もありますし、後で診て再度どのような治療をするかを考えることができるのです。

きちんとした治療をするには、どうしても必要な処置になります。

写真を撮られたことで、いらっしゃらない方もいますが、写真を撮るという事は、治療に対して責任を持つという事と思っています。



生活保護を受けられている方へ

生活保護の方への治療を私の所では積極的に行っています。いろいろな事情があるかと思いますが、公的に支援をしてあげる事ができるのであれば、支援すべきと考えています。きちんと通院していただく事で、よりよい治療が出来ることになり、次への活力も出てくるでしょう。

 

この生活保護の期間は、人生の再出発のための準備期間なのです。この時期に、医療はもちろん、次への技能習得のために、頑張ってください。